良質で高度な医療を提供し、住民に愛される病院を目指します。 
 
サイト内検索

 (診療科・部門)
 血管外科

◆月曜・木曜・金曜に手術室での手術、水曜・木曜に血管造影室での血管内治療を行っています。
◆平成26年度より下肢静脈瘤に対するラジオ波焼灼術(いわゆるレーザー治療)を開始し、令和2年度より新たに保険適用となった医療用接着剤を使用した静脈瘤血管内塞栓術(グルー治療)を開始しました。これにより静脈の焼灼や術後の弾性ストッキングが必要なくなり静脈瘤もさらに低侵襲に行えるようになりました。
◆緊急時にも可能な限り対応いたします。

【腹部大動脈瘤(腸骨動脈瘤含む)】
 腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤をはじめ、大動脈疾患は生命に直結する疾患であり、当科でもガイドラインに沿って積極的に手術加療を施行しております。近年はより低侵襲なステントグラフト内挿術も広く普及しており、久留米大学病院とも連携をとり適応があればおすすめしています。(令和2年度は大動脈手術(腸骨動脈瘤含む)10例施行しております)。

【閉塞性動脈硬化症】
 間欠性跛行から虚血性の壊疽まで、TASC.Ⅱ(Trans-Atlantic Inter-Society Concensus Ⅱ)という世界規模のガイドラインを参考に治療を決定しており、内服+運動による保存的加療から血管内治療、バイパス術まで幅広く実施しています(令和2年度は閉塞性動脈硬化症44例のうちバイパス手術7例、血管内治療37例でした)。

【下肢静脈瘤】
 1泊2日あるいは2泊3日程度の短期入院での手術が可能となっています。平成26年8月から静脈瘤のラジオ波焼灼術を導入し、より低侵襲での治療が可能となっております(令和2年度は下肢静脈瘤86例のうち、ラジオ波焼灼術69例、高位結紮術(瘤切除含む)12例、ストリッピング手術3例でした)。令和2年6月からは保険適応となった医療用接着剤を使用した静脈瘤血管内塞栓術(グルー治療)も導入し今後は適応があれば積極的に行っていく方針です。
  レーザー治療の詳しい内容はこちら(PDFファイル)

【内シャント造設】
 透析患者さんのブラッドアクセスの作成は当院の腎臓内科とともに行っており、新設のシャントから人工血管を含めた再手術症例にも取り組んでいます。
大野 智和

(血管外科医長)
[ 血管外科、外科一般 ]

宮崎大学(平成17年卒)
●日本外科学会専門医
●日本脈管学会認定 脈管専門医

■血管外科(外来受付7) 

※診療の都合により変更する場合があります。
診察室
01 大野 智和 大野 智和
 
 

予約については「紹介患者予約制のお知らせ」をご参照ください。
■手術症例数の推移

術式 H28年度 H29年度 H30年度 H31年度 R元年度
腹部大動脈疾患 19 21 9 16 10
末梢血管 53 36 29 78 93
下肢静脈瘤 66 64 33 150 86
その他 22 23 21 43 24

■血管外科(外来受付7) 

※診療の都合により変更する場合があります。
診察室 01
大野 智和
大野 智和
 
 
予約については「紹介患者予約制のお知らせ」をご参照ください。

■手術症例数の推移

 
術式 28年度 29年度 30年度 31年度 元年度
腹部
大動脈

疾患
19 21 9 16 10
末梢血管 53 36 29 78 93
下肢静脈瘤 66 64 33 150 86
その他 22 23 21 43 24