良質で高度な医療を提供し、住民に愛される病院を目指します。 
 
サイト内検索

 (診療科・部門)
 整形外科

 整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。
 
代表的なものとしては、
 外傷(骨折・脱臼、スポーツ障害を含む)、小児整形外科疾患(先天異常、骨系統疾患を含む)、骨粗しょう症、骨・軟部腫瘍、リウマチ性疾患、感染症(骨・関節)、脊椎・脊髄疾患、末梢性神経麻痺、肩甲帯・肩・肘関節疾患、手関節・手疾患、骨盤・股関節疾患、膝・足関節・足疾患 などが挙げられます。
 
 近年の高齢者社会に伴い、骨粗しょう症を基盤にした運動器に由来する障害が急増しております。特に、大腿骨近位部骨折は未だ右肩上がりに患者数の増加を認めており、脆弱性骨折の予防に関しては先進諸国の中では日本だけと言ってもよいほど遅れている状況です。こうした背景の中、これからの整形外科治療はこのような高齢者の廃用予防を主体とした、リハビリも含む包括的な医療が求められております。当院整形外科としましても大牟田、荒尾、有明地区の地域中核病院のひとつとして、これらのニーズにお応えできるよう、地域医療施設との病院連携を綿密にはかりながら努力していきたいと考えております。
 
 骨・関節・筋肉・腱・靭帯・末梢神経などの運動器由来の病気が心配になる際は気軽にご相談ください。

坂井 健介

(整形外科部長・リハビリテーション科部長)
[ 整形外科一般 ]

佐賀医科大学(平成3年卒)
●日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
●日本手外科学会認定手外科指導医・専門医
●日本手外科学会代議員
●日本骨折治療学会評議員
●九州手外科研究会世話人

塚本 祐也

(整形外科医長)
[ 整形外科一般 ]

旭川医科大学(平成23年卒)
●日本整形外科学会専門医

赤塚 孝太

(整形外科医員)
[ 整形外科一般 ]

久留米大学(平成29年卒)

■整形外科(外来受付3) 

※診療の都合により変更する場合があります。
診察室
42 赤塚 孝太 赤塚 孝太 赤塚 孝太 塚本 祐也 田中 康嗣
43 坂井 健介 坂井 健介 塚本 祐也 坂井 健介
44
 
  • 木曜日は塚本医師の一診の為、紹介状持参患者のみの診療となります。

■整形外科(外来受付3) 

※診療の都合により変更する場合があります。
診察室 42 43 44
赤塚 孝太 坂井 健介
赤塚 孝太 坂井 健介
赤塚 孝太 塚本 祐也
塚本 祐也
田中 康嗣 坂井 健介
  • 木曜日は塚本医師の一診の為、紹介状持参患者のみの診療となります。